2013年05月19日

貴婦人と一角獣とガルパン

てな感じで先日六本木行って見てきました『貴婦人と一角獣展』。

20130519a.jpg

フランスの至宝と云われる6枚のタピスリーが奇跡の来日、とあっては行かねばならないでしょう。

このタピスリーは本来、フランスのクリュニー美術館のもので、老朽化した館内では以降このタピスリーの保存に影響がでてしまう、との事もあり今回の改装中の間、急遽日本での展示が決まったという事らしいです。
フランスを出たのはニューヨークに次いで2番目。その慎重さが伺われ、まさに今回の来日は奇跡といっても過言ではないでしょう。

20130519d.jpg

行ったのは午後3時くらい、日差しもギラギラと暑かったです。
だが平日とはいえ、流石に日本初お披露目とあって館内はかなりの来館者がいましたよ。

ちなみに写真は一切禁止です(あたりまえ)。

20130519f.jpg

お土産はこんな感じ。
図録、ポストカードセット、クリアファイル、缶入りチョコレート。

20130519e.jpg

図録には『ガンダムUC』1話でのシーンの話もあり、途端に身近なものに感じてしまいますwww

と、いうのもアタクシにとっては先にこっちの『ガンダムUC』の方が来ていて、登場した『貴婦人と一角獣』のタピスリーが実在するものと知って今回のナイスタイミングな来日で。といった具合。ミーハーですwwwwww
ちなみに『ヴィスト家』が実在している事実にも驚き。すげーなガンダムUC。

会場内はフロア中央にメインの6枚のタピスリー、その周りにはそれに起因する歴史ある至宝の数々、およそ40点近く。
その各美術品を眺めてから再度タピスリーを見れば、その時代のバックボーンも理解できてさらに楽しめますよ。

また、会場では音声解説用のヘッドセットを貸し出し。
なんと池田昌子・池田秀一による解説が流れるという粋なシステム。フルフロンタルの声でタピスリーを眺めるのも一興かと。

なお、この『貴婦人と一角獣展』は東京では7/15まで。それ以降は大阪に会場を移すらしいので、関西近隣の人は是非。


20130519c.jpg

『アハトゥンク・ガールズ&パンツァー』買いました。公式設定資料集です。

20130519b.jpg

劇中に登場した戦車のCGモデリングを余す事無く収録。
滅多に見られない内装のモデリングなどファンにはいろいろ見ごたえのある一冊です。
posted by ささみちくわ at 12:10| Comment(0) | ●イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]