2013年08月17日

今更ドリキャスなんですよww

先日アキバにて海外ゲーム「Sturmwind」が入荷とのアナウンスがあり買ってきてしまいますたよww

24143_137327419369858300.jpg

「Sturmwind」は基本横スクロールのSTG。
某店舗では「ストームウィンド」等と訳されてますが「スタームウィンド」もしくはドイツ製品っぽいので「シュツルムウィンド」の読みの方が正解かと。
驚く事にセガのドリームキャスト用のゲームですww
もう日本では見捨てられた存在であるドリキャス、海外じゃまだまだ開発してるメーカーがあるんですね。

んじゃあウチのドリキャス久々に動かしてみよかい!

と思ったが要注意。このゲーム『MIL-CD』対応のドリキャスでないと動かないんですよ。
『MIL-CD』ってのは要するに昔出てたCD-VとかビデオCDの類で、2000年11月以降に作られたドリキャスはこの『MIL-CD』が対応していないのです。

つまり、初期ロットから2000年10月あたりまでの本体じゃないと動かない。
アタクシの持ってるDCは『カプコンVS SNK』発売時期に買ったもの、それが2000年9月でギリギリww
どきどきしながら起動してホッと胸を撫で下ろしたといった具合でして。

ここで補足。
『MIL-CD』対応DCの見分け方。

dc_label_1.jpg

大体、対応か対応じゃないかなんてのは箱に書いてあるものなんですが、どうせ未だに後生大事にDCの箱なんか取っておく人間はいないと思います。

なので、本体の裏側を見て見ましょう。

上記写真の様にバーコードがあり、その下に数字が書いてあります。
そのアタマ3桁目の数字が製造年月日を表しているので、
1998年製・・・・8
1999年製・・・・9
2000年製・・・・0
2001年製・・・・1
となってます。3桁目の数字が8と9なら確実に『MIL-CD』対応機なので安心。1だったらもう絶望的です。
で、問題なのが0の場合。
2000年だと11月以前のものであれば対応なのですが、以降であったら対応してない可能性が強いです。
そこで社名をチェック。

dc_label_3.jpg

セガは2000年10月に社名を「株式会社セガ(SEGA CO.LTD)」に社名変更しています。
つまり、それ以前の機種であれば旧社名の「セガ・エンタープライゼス」の表記になってます。

※あくまでも独自判断なので確実な保障はできませんのであしからず。
参考程度に読んで下さい。

さて、そんな「Sturmwind」。
感想としては「R-TYPE」と「アクスレイ」と「海底大戦争」をごっちゃにして「ビューポイント」風に仕上げた感じww
ともかくレンダリングされた背景が動きまくるので、どの辺に当たりがあるのか判別が難しい。

しかしながら横スクSTGとしてはそこそこに完成度の高いゲームです。
ものすごい面白いわけではないが、しっかりとツボをおさえてあるのでまあ安心。
『MIL-CD』対応ドリキャスお持ちの方はぜひ。

こちらで動画が見れますよ
posted by ささみちくわ at 12:56| Comment(3) | ●GAME関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流石!コアな方、箱までちゃんとってあるとは(^_^)v
ドリキャス、あまり見聞きしなくなっていたので懐かしい〜
海外では、まだ開発されているのね、ゲーム市場は広いなぁー
Posted by nemuri at 2013年08月17日 14:14
いや、さすがにウチにも箱はありませんよww
だから本体の裏をみてね、って話です。
Posted by SIG at 2013年08月17日 15:15
なつかしい

ちょうどそのソフトの話題の記事のURL持ってた

tp://brow2ing.doorblog.jp/archives/1574414.html
Posted by ポちょむ@旧盆中 at 2013年08月19日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]