2015年08月26日

河鍋暁斎展に行ってきましたよ

てな具合で、先日25日に三菱一号館美術館で開催中の『画鬼暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』展に行ってまいりましたよ。

20150826a.JPG

幕末から明治時代にかけて活躍した浮世絵師:河鍋暁斎。
絵描きとしてもその人生にしても異端とも言われ、現在でもコアなファンが多い名高い絵師。

暁斎の作品およそ120点と、暁斎に弟子入りしたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルの業績を称えた作品の計150点ほどの作品が展示、平日の昼間とはいえ沢山の人が観に来場しておりましたよ。

20150826b.JPG

6月〜8月アタマあたりに前期、9月6日までが後期と展示物を一部切り替えての開催。
その後期の方に出向いたワケですが、んまースゴイのなんの、もう言葉じゃ表せないとは正にこの事。

おなじみ有名な妖怪絵から地獄絵図、動物や美人画、風刺絵や絵日記、はては春画などなど見所満載。
特に絵日記に関しては、弟子:コンドル氏との交流なども漫画風に記されていたりと中々に楽しそうな当時の様子がうかがえました。

とにかく、観に行った方がいいデス。こんなん言葉で言ったって上手く伝わるわきゃないw


20150826c.JPG

で、ついつい買ってきてしまった暁斎展のお土産の数々。
クリアファイル、絵葉書、一筆箋、限定カップ酒、暁斎絵日記イラスト入りお猪口。

20150826d.JPG

カップ酒はカップに酔っ払った髑髏の陽気な絵が描かれており、酒好きでもあった暁斎のイメージに合わせた粋な商品となっています。

20150826e.JPG

お猪口には暁斎が毎日記していたという絵日記の中から選んだキャラクターが1つづつ描かれており、5〜6種類ほどありました。写真は女狐さんと弟子のコンドル氏(日記内ではコンテエールくんと表記)。
他にもアロハシャツやら図録などいっぱい、お土産でも色々楽しませてくれますよ。

開催期間も残りわずかなのでお早めに。

河鍋暁斎展HPはこちら
posted by ささみちくわ at 12:32| Comment(2) | ●イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
河鍋暁斎展、超好みです(*^_^*)
見たいし写真に写っているお土産にも、そそられるのだ。
Posted by nemuri at 2015年08月27日 23:33
是非とも行ってほしいのデス(*´∀`)♪
とにかく絵を描く人なら、あのダイナミックかつ繊細な筆の運び方には眼を奪われます。

あ、ちなみに館内のカフェでは暁斎メニューとかも限定であるみたいですたヨ(。・ω・。)ゞ
Posted by Sig at 2015年08月28日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]